闇金について

ここ何年かで闇金という言葉をよく聞くようになりましたよね。
闇金とは多くの人がご存知だと思いますが、違法な利息を貸付けてそれを商売にしている悪質な金融会社です。
消費者金融にはたくさんの会社がありますが、もちろん多くの消費者金融は法律を守っています。
しかし、闇金は定められた利息の何十倍何百倍もの利息を請求してくるので、かなり注意が必要です。
もちろん闇金は違法なことから、もし、闇金でお金を借りてしまっても支払いすぎた利息を取り返すことは可能ですし、決められた法定利息以上の金額を支払う必要もありません。
一番いいのは闇金でお金を借りないことですが、もし、間違って闇金で借り入れしてしまった場合は、すぐに法律に詳しい人のところへ行き対策を考えてもらいましょう。
今ではたくさんの法律事務所があるので、そのことで相談してみてもいいはずです。
闇金でお金を借りてしまい、その返済を苦に命を絶ってしまった人もいるほど、闇金という違法会社は悪徳な金融会社なのです。
お金を借りる際には、事前にしっかりと調べるようにして、闇金のような違法業者では借りないことが大切です。
世の中にはまだまだ闇金のような違法な会社が数多く存在するので、一刻も早い対策が必要になります。

 

 

ヤミ金融の基礎知識

実際にお世話になったことがなくてもヤミ金融という言葉を聞いたことがあるという方はたくさんいらっしゃると思います。
闇金などという略称で呼ばれていることも多いですね。
しかし実際には闇金とはどのようなものかというのはもしかするとあまり知られていないのかもしれません。
ヤミ金融、闇金というのは本来貸金業は国や都道府県に貸金業登録をしなければならないのですが、それらをしていない業者を指します。
また、登録はしていても出資法で定められた上限金利以上の金利で貸付を行う業者もそれにあたります。
業者名と携帯電話番号のみのチラシを配布し、貸付は振込で行うという090金融が主な手口とされています。
携帯電話番号だけですと足がつきにくいのです。
また、大手企業の名称に酷似した名前やロゴを用いたりして利用者を騙したり、酷い時には大手企業のグループ会社だと偽ったりして広告やダイレクトメールを送付してくるなどといった悪質なものもあるので注意が必要です。
その他にも紹介屋や押し貸しといった様々な手口があります。
ヤミ金融の被害にあってしまった場合、自力で解決するには難しいものがあります。
そんなときには迷わずに弁護士などに相談することが一番の解決法だと言えるでしょう。

 

 

闇金とはどういうものか?

闇金と聞くとあまり良いイメージを思い浮かべない人がほとんどだと思います。
主に闇金を利用する人は切羽詰まった人はほとんどです。
通常お金が必要になった人は知人や友人または親から借りるか、事情があって知り合いから借りれない場合は消費者金融を利用する人がほとんどだと思います。
ではどういった人が闇金からお金を借りのでしょうか?
それは主にどこからもお金を借りられなくなった人たちです。
多重債務の人や消費者金融のブラックリストに載ってしまった人など理由は様々ですが、お金が必要だが貸してくれるところがないといった人たちはすがる思いで闇金からお金を借ります。
どうしようもなくて闇金からお金を借りる人も闇金がどんなに危険なものかについて理解している人もいますが、その半面軽い気持ちで借りてしまう人もいます。
実際日本国内の法律では闇金みたいにありえないほど高い利息でお金を貸す人に返済する義務はありません。
それは法律で年間の最大利息が決まっているからです。
なので借りている人は踏み倒そうという人も少なからずいます。
しかし現実にはそう簡単ではありません。
彼らは半分法の外で生きています。
なのであらゆる手を使ってお金を返してもらおうと働きかけてくるのですがその方法が尋常ではありません。
例えば借りている人の親族はもちろんのこと職場にも迷惑行為を働く時があります。
1つ言える事は闇金からお金を借りて返さないままでいると社会的に追い詰められる可能性がかなり高くなるので注意してください。
下手をすれば仕事を失うだけではなく親族の資産も失うことになりかねません。

 

 

闇金と総量規制について

総量規制は貸金業法の改正によって、消費者金融などの貸金業者に年収の三分の一以上の貸し付けを制限する法的な規制です。
法律によって禁止されています。
貸金業者が規制を超えて貸し付けを行うことは、業法違反になってしまいますので、一部の総量規制の例外規定を除くと規制を超えて貸し付けを行うことはありません。
総量規制は多重債務者問題が社会問題化して、導入されたものでありますが、導入される前から闇金が跋扈するのではないかと憂慮されていました。
闇金は法律の枠外で活動していますから、もちろん貸金業法や総量規制を守って貸し付けを行なうことはありません。
そして、同時に利息制限法を守ることもありませんから、年率20%に利息を抑えて貸し付けをすることもまずないといっていいでしょう。
総量規制に引っ掛かるので、仕方なく闇金を利用した場合にはその場はお金が入ることによって助かるように思っても、すぐに違法な利率の金利がかかってきて、返済できるわけがないような金額までに借りたお金が膨らんでしまいます。
まさしく、闇金を頼ってお金を借りることは自ら破滅の入り口に飛び込んでいくようなものです。
そして一度、闇金と縁ができてしまうと闇金を手を切りにくくなっていることも問題です。

 

 

闇金から抜け出せなくなったら

一度手を出してしまうと、抜け出すのが困難になるのが闇金です。
借金を返済するために別の闇金業者からお金を借りる羽目になり、借金地獄という泥沼の状態に陥ってしまうのです。
ここから抜け出して人並みの生活を送れるようにするためには、一個人の力だけでどうにかなるものではありません。
法律に関するプロである、弁護士や司法書士に相談して解決の道を探ることになります。
基本的に闇金は違法行為です。
しっかりと契約書を交わしたところで無効となります。
ですから、本来闇金業者の言いなりになって不当な利子を払う必要はないのです。
そうはいっても、法律の素人であるお金を借りた消費者が、闇金業者の言い分を法律を盾にして突っぱねるのはかなり難しいものがあります。
だからこそ、説得力のある弁護士や司法書士が必要になってくるのです。
弁護士や司法書士に仲介してもらえば、闇金業者も強く行動に出ることはできません。
違法行為を行っているのは闇金業者なわけですから、訴えられる前に逃げる道を選ぶことになるのです。
お金を借りる際には、まず闇金かどうか見極めることが大切です。
直ぐにお金を貸してくれるからといって、よく考えもせずにお金を借りてしまうのはいけません。
それでも闇金に引っ掛かってしまった時には、躊躇なく弁護士や司法書士を頼るようにしましょう。

 

 

東京都

千代田区| 中央区| 港区| 新宿区| 文京区| 台東区| 墨田区| 江東区| 品川区| 目黒区| 大田区| 世田谷区| 渋谷区| 中野区| 杉並区| 豊島区| 北区| 荒川区| 板橋区| 練馬区| 足立区| 葛飾区| 江戸川区| 八王子市| 立川市| 武蔵野市| 三鷹市| 青梅市| 府中市| 昭島市| 調布市| 町|田市| 小金井市| 小平市| 日野市| 東村|山市| 国分寺市| 国立市| 福生市| 狛江市| 東大和市| 清瀬市| 東久留米市| 武蔵村|山市| 多摩市| 稲城市| 羽村|市| あきる野市| 西東京市| 西多摩郡| 瑞穂町| 日の出町| 檜原村| 奥多摩町| 大島町| 利島村| 新島村| 神津島村| 三宅村| 御蔵島村| 八丈町| 青ヶ島村| 小笠原村|

 

おすすめサイトの紹介

 

参考:「弁護士 無料相談 24時間

 

こちらは、管理人は参考しているサイトです。
弁護士相談を検討中の方向けに、各法律事務所の名称、住所、営業時間、休日、特徴などを紹介しています。
また、読者の体験談なども掲載されているので、参考になると思います。
興味にあれば訪問してみてくださいね。

更新履歴